top of page

「事実」と「解釈」〜勉強をプラスに捉えよう!〜

「事実」は変えられない。 でも、「解釈」は変えられる。


雨が降ったという「事実」は変わらない。

でも、それをどう「解釈」するかは人それぞれだ。


「うわ、最悪だよ。。」って思う人もいれば、 「部活が室内になってラッキー」という人もいれば、 「今日は外出しないで、家でゆっくりできるなあ。。」と思う人もいれば… 本当に人それぞれだ。


何が言いたいかというと、起きている出来事に対して、「どう解釈するか」めちゃくちゃ大切で、その「解釈」というには自分次第で決めることができるのだ。

例えば、「テストに向けて5時間勉強をする」という「事実」があったとする。


それをどう「解釈」するか。ここがとても大切だ。

「地獄だ」「最悪だ」「苦痛だ」と自分で解釈するのか?


それとも、「たくさんの勉強できる」「レベルアップできる」「苦手を克服できる」などとプラスの解釈をするのか?


もちろん、後者の「解釈」が良いに決まっている。

いかにプラスの「解釈」をできるかというのが、勉強はもちろんのこと、人生の様々な局面で、楽しく乗り越えていける鍵なんだと思う。

こういったことも生徒にも伝えていきます。





bottom of page