top of page

いくら授業を受けてもアウトプットしなければただただ忘れる

「記憶力がないんです。」 「全然覚えられません。」 塾で指導しているとそんな悩みをよく聞きます。

ただ、何も考えずにただ勉強していれば、このような状況に陥ってしまうのは普通です。

授業を受け、その後に何をすべきか?を考えて勉強をしていく必要があります。 そして、これは人間の脳の仕組みを理解すると分かってきます。

まず、人間の脳は「重要な情報」と判断すれば、「長期記憶」として残し、 「重要でない情報」と判断した場合は忘れるように作られています。

何をもって脳は「重要な情報」と判断しているのか?

それはインプットした後に、 何度も使われる情報かどうかということです。

インプットしても、その情報を何度も使わなければ、 脳が重要ではない情報と判断し、すぐ忘れてしまうのです。

(だから、授業を受けて「分かった!」と思っても、その後復習しなければあっという間に忘れてしまいます。これではもったいない!)

そしてもう少し補足すると、

脳に入力された情報は、「海馬」というところに仮保存されます。 その期間は、2〜4週間です。その仮保存中に、その情報が何度も使われると、その情報を「重要な情報」と判断し、「側頭葉」の長期記憶に移動します。一度、側頭葉に記憶されると、その記憶は忘れづらく、長期間覚えていることができます。

そして、「情報を何度も使う」とはどういうことか? それは「アプトプット」をするということです。 塾の授業であれば、問題演習やテストです。

これをしなければ、仮保存で終わってしまいます。 せっかく授業受けても忘れていしまうのです。

ユニバープラス(中学生向けデジタル教材)を使っても同じです。 まず最初に動画授業があります。 もちろん、ここで終わっていしまったら、インプットで終わってしまい、学習した内容はすぐに抜けていってしまいます。 だから、学習した内容を脳に「これは重要な情報だ」と認識させるために、ユニバープラスでは、その後に「シャッフルトレーニング」「確認テスト」の機能があります。 授業で学習した内容の問題を繰り返し解くことができます。 これをフル活用してほしいと思っています。 一週やって終わりではなく、何周も繰り返しやってほしいと思います。 とにかくインプットしたことを何度も使い、 脳に「これは『重要な情報』である」と認識させましょう。 色々と書きましたが、このような脳の仕組みがあるのです。 こういったことを意識して勉強するか? なんとなく流れのままに勉強するか?

大きな差が生まれると思います。 こういったことは生徒に伝えていきたいし、 ぜひ意識して勉強していってほしいと思います。 そして、ユニバープラスがどんなものか気になっている方、興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。


Comments


bottom of page