top of page

この志望校に絶対受からせなければダメなんです!

高校受験では志望校を決定するときに

生徒本人が最終的に決定をすることが

僕たちはとても大事だと思っています。

ただ、なかなか自分で志望校を見つけるのって難しい。

だからお母さんお父さんがそのサポートをしてあげる。


保護者の方の方が様々な高校を比較するときに

視野を広く持ってそれが出来るものです。

中学生だと部活が強いとか制服が可愛いとか

そういったものだけが志望校を決定する材料になってしまいますが

保護者の方は勉強のサポートや進学実績、カリキュラムの内容など

も材料にしているケースが多くあります!


ただ注意点として

視野を広く分析できるからこそ

保護者の方がこの高校に自分の子をいかせたい!という想いが強くなり


この高校を目指しなさいと伝えてしまうことは避けたいと願っています。


この志望校に絶対受からせたい!

受からせなければダメなんです!


なんて思いは子供からすると大きな圧力になっているかもしれません。


自分で決めた。

自分で行きたい高校を見つめ

自分でその高校に合格するために勉強を頑張る!!


自分軸を持って高校受験に挑んでほしいなって思っています!

Kommentare


bottom of page